アコースティック・ギター専用先進のデジタル・マイク・システム

先進のMEMSマイクロフォンとDSP機能を搭載したプリアンプ・ユニットの組み合わせから成るiRig Acoustic Stageは、アコースティック・ギターやウクレレなどの表情豊かで自然なサウンドを余すところなく捉えてくれる先進のソリューションです。録音スタジオでの使用は言うまでもなく、ライブ・ステージにおいても、スタジオ・クォリティのサウンドを得ることができるのです。ギターやウクレレのボディの加工も必要も無く、簡単にマイクを取り付けることができ、スタジオでも、ライブ・ステージでも高品位なアコースティック・サウンドが得られます。

Play

0:00
0:00

スタジオで収録するようなサウンドで、アコースティック・ギターをステージで演奏することはとても困難なことでした。これまでは、アコースティック・ギターのサウンドをPAシステムに送るには、2つの方法しかありませんでした。1つはピエゾもしくはマグネティック・ピックアップを使う方法です。この方法では、アコースティック・ギターの自然で暖かみのあるサウンドを捉えることは困難でした。もう1つの方法は、マイクロフォンを設置し、そのマイクロフォンの「スウィート・スポット」に座って、ギターを演奏する方法です。この方法では、ステージ上での動きがまったくもって限られてしまいます。

iRig Acoustic Stageは、そうしたアコースティック・ギターのマイキングの制限を取り払ってくれる製品です。 iRig Acoustic Stageは、アコースティック・ギターの特有の自然で暖かみのあるサウンドを、スタジオで収録したかのように余すところなく捉え、なおかつライブ・ステージ上での立ち位置、動きなどの制限を取り払ってくれるのです。 信じられないですって?もう少し先を読んでみてください。

iRig Acoustic Stageは、アコースティック・ギターのスタジオ・クォリティの豊かなサウンドを、ステージ上でも実現してくれる、革新的なデジタル・マイクロフォン・システムです。

iRig Acoustic Stageは、コンパクトなMEMSマイクロフォンと、DSP機能を搭載した先進のデジタル・プリアンプリファイアー・ユニットで構成されています。iRig Acoustic Stageのセッティングとても簡単。MEMSマイクロフォンをアコースティック・ギターのサウンド・ホールに取り付けて、iRig Acoustic Stageのプリアンプ・ユニットに接続するし、そしてプリアンプ・ユニットからアンプやミキサーなどに接続するだけ。

iRig Acoustic Stageのプリアンプ・ユニットの電源スイッチをONにするだけで、自然で、表情豊かなサウンドがPAシステムから聞こえてくるでしょう。既にエレキトリック・アコースティック・ギターをお使いなら、そのサウンドは劇的に改善されることでしょう。iRig Acoustic StageのAUX入力端子に、お使いのエレキトリック・アコースティック・ギターのピエゾ / マグネティック・ピックアップの出力端子を接続し、MIXツマミでMEMSマイクとのバランスを調節してください。ピエゾ / マグネティック・ピックアップだけでは捉えることが難しかった、サウンドを余すところなく捉えてくれます。iRig Acoustic Stageのプリアンプ・ユニットには「Cancel Feedback」ボタンも装備されていますから、演奏中のフィードバックに悩まされることはないでしょう。

ステージだけでなく、プロジェクト /ホーム・スタジオでの使用に最適

iRig Acoustic Stageは、ライブ・ステージでの使用を念頭において開発されましたが、プロジェクト・スタジオやホーム・スタジオでの使用にも最適です。お使いのオーディオ・インターフェースの入力端子にiRig Acoustic Stageのプリアンプ・ユニットを接続するだけで、アコースティック・ギターのサウンドをお気に入りのDAWに録音することができます。またUSBクラス・コンプライアントのオーディオ出力用のUSB端子も備えていますから、iRig Acoustic Stageのプリアンプ・ユニットをお使いのコンピュータやモバイル機器に直接接続することができます。(Micro USBケーブル、またはMicro USB to OTGケーブルは別売となります。)

iRig Acoustic Stage

MEMS技術と32-bit DSPによる表情豊かなサウンド

iRig Acoustic Stageでは、最先端のMEMS(Micro Electrical-Mechanical System:微小電気機械システム)技術をベースにしたマイクロフォンが採用されています。 この小型ながらも正確かつフラットな周波数特性を持った無指向性のMEMSマイクロフォンと、プリアンプ・ユニットに搭載された32-bit DSP機能により、これまでの弦の振動やボデイの振動を拾うだけのピックアップでは捉えることの難しかった、表情豊かで存在感に溢れるギター・サウンドを捉えることを可能にしています。

iRig Acoustic

マイクの取り付けは簡単

iRig Acoustic StageのMEMSマイクロフォンは、アコースティック・ギターのサウンド・ホールに、最大4mm厚まで対応したクリップで簡単に取り付けることができます。ギターに何か特別に手を加える必要はありません。

DSP機能搭載プリアンプ・ユニット

iRig Acoustic Stageのプリアンプ・ユニットには、高品位な32-bit A/DおよびD/Aコンバータが内蔵されています。 この高品位な32-bit A/Dコンバータにより、MEMSマイクロフォンで余すところなく捉えられたアコースティック・ギターの表情豊かなサウンドは、正確にデジタル情報に変換されるのです。

iRig Acoustic Stage

そして、iRig Acoustic Stageのプリアンプ・ユニットに搭載されたDSP機能との相互作用により、そのデジタル情報化されたサウンドはさらに最適化されます。プリアンプ・ユニットは、入力されるオーディオ信号(すなわちお使いの楽器のサウンドや奏法)を解析します。 そして、DSP機能により、そのサウンドを最適化してくれるのです。 この最適化のためのサウンド・プロファイルは、スチール弦とナイロン弦のそれぞれに、NATURAL、WARM、BRIGHTの3種類、計6種類のプリセットが用意されています。

カスタム・キャリブレーション

iRig Acoustic Stageは、大抵のギターで最適なサウンドが得られるように、キャリブレーションされています。 もちろん、このキャリブレーション・プロファイルをカスタマイズすることが可能です。 プリアンプ・ユニットのTONEボタンを長押しすると、キャリブレーション・モードに入ります。このキャリブレーションは、数分で終了します。そしてお使いの楽器の特性や奏法に合わせてより最適化されたサウンドを得ることができるのです。

エレキトリック・アコースティック・ギターの最良の友

iRig Acoustic Stageにはボリューム(MIX)調節が可能なAUX入力端子が装備されています。この入力端子は、ピエゾやマグネティックなど、お使いのエレキトリック・アコースティック・ギターのオンボード・ピックアップの出力端子を接続するためのものです。

CANCEL FEEDBACKボタンをONにしてもフィードバックが生じてしまうような大音量のライブ・ステージの状況では、このAUX入力端子を活用し、MEMSマイクロフォンのサウンドとオンボード・ピックアップのサウンドをミックスすることができます。

位相切替スイッチを装備していますから、MEMSマイクロフォンで捉えられたサウンドとAUX入力端子から入力されるサウンドの、位相による音の打ち消し合いを防止することができます。

100% ピエゾ

50% ピエゾ
50% iRig Acousticマイク

100% iRig Acousticマイク

iRig Acoustic Stage

フィードバック防止機能

アコースティック・ギターをライブ・ステージで使用する際、フィードバックの恐れが常につきまといます。ですから、リハーサルは入念に行わなくてはなりません。それでもフィードバックが生じたら…。音量を下げて、スピーカーから離れて…。考えたくもありませんね?iRig Acoustic Stageのプリアンプ・ユニットにはフィードバック防止機能(CANCEL FEEDBACKボタン)が装備されています。このボタンで、フィードバックが生じ得る複数の周波数帯域を即座にカットすることができます。

このフィードバック防止機能は、MEMSマイクロフォンだけでなく、AUX入力にも有効です。ライブ・ステージでぜひご活用ください。

USBオーディオ出力

iRig Acoustic Stageのプリアンプ・ユニットには、USBクラス・コンプライアントのオーディオ出力が装備されています。コンピュータやモバイル機器に接続し、お気に入りのDAWや録音アプリで、アコースティック・ギターのサウンドを録音することができます。

表情豊かなギター・サウンドを

iRig Acoustic Stageは、アコースティック・ギター特有の暖かみのある表情豊かなサウンドを余すところなく捉えることができるデジタル・マイクロフォン・システムです。スタジオで収録するような高品位なサウンドをライブ・ステージでも再現することができます。

アコースティック・ギターのマイキングについて

マイクでアコースティック・ギターのサウンドを捉えるには、さまざまな方法があります。しかしながら、今までのところ、スタジオ・マイクロフォンの高品位なサウンドと内蔵ピックアップの利便性を兼ね備えた方法はありませんでした。iRig Acoustic Stageは、この高品位なサウンドと利便性の両方を、お手頃な価格で実現したソリューションです。以下の比較をご覧ください。

利点 欠点

サドル取付型ピエゾ・ピックアップ
  • 容易にコントロール可能なタイトなサウンド。
  • フィードバックを容易に避けられる。
  • アコースティック・サウンドとしては不自然。
  • 取り付けにはギターの改良が必要。

外部コンデンサーマイクロフォン
  • 高品位なアコースティック・サウンド。
  • フィードバックに弱い。
  • 最良のパフォーマンスを得るためには、高価なマイクやプリアンプが必要。
  • 演奏時の動きに制限がある。

ピエゾ / マイクハイブリッド・システム
  • 多目的に使用可能なサウンド。
  • マイクのみを使用した場合は、比較的忠実なアコースティック・サウンド。
  • 高価。
  • 内部にマイクを設置した場合、純粋なアコースティック・サウンドを捉えることが困難。
  • マイクの音量を大きく設定した場合、特に低音域におけるフィードバックに弱い。
  • 設置が難しい。

サウンドホール取付型マグネティック・ピックアップ
  • ソリッドなサウンド。
  • フィードバックに強い。
  • 一般に比較的安価。
  • 不自然なエレキトリック・ギターの様なサウンド。
  • 見た目が良くない。

コンタクト・ピエゾ・センサー
  • 一般に安価。
  • 一般に楽器の改良が不要。
  • 比較的自然なアコースティック・サウンド。
  • 一般にインピーダンスが高く、オーディオ信号のレベルが低い。
  • 暗くこもったようなサウンド。
  • フィードバックに弱い。
  • 物理的衝撃に弱い。

内部設置マイクロフォン
  • 比較的良いサウンドが得られるが、ブーミーなサウンドになり易い。
  • フィードバックに弱い。
  • マイクをボディ内部に設置するため、ボディの鳴りを余計に捉えてしまう。
  • マイク設置が難しい。

iRig Acoustic Stage
  • 高品位なアコースティック・サウンド。
  • サウンドホール取付型マグネティック・ピックアップ同様にお手頃価格。
  • フィードバック防止機能。
  • AUX入力端子を備え、ピエゾなどのオンボード・ピックアップとのミックスが可能。
  • マイクの設置に際しては楽器の改良は不要。
  • USBデジタル出力に対応。

製品の主な仕様

  • ギターのサウンド・ホールに取り付け可能なクリップ式MEMSマイクロフォン。
  • DSP機能を搭載したプリアンプ・ユニット。
  • ライブ・ステージでのアコースティック・ギター・サウンドを劇的に改善。
  • ピエゾ / マグネティックなどオンボード・ピックと接続可能な1/4インチAUX入力端子。
  • ボリューム調節が可能な1/4インチ・オーディオ出力端子。
  • USBオーディオ出力端子を装備しコンピュータやモバイル機器での録音が可能。
  • フィードバック防止機能(Cancel Feedbackボタン)を装備 。
  • 6種類のサウンド・プリセット。
  • カスタム・キャリブレーション機能に対応。
  • 最大4mm厚まで対応したクリップでアコースティック、エレキトリック・アコースティック、ウクレレなどにマイクを取り付け可能。
  • 位相切替スイッチを装備し、2つのソースからの入力時のサウンドを最適化。
iRig Acoustic Stage

*Legal detail | Warranty

x
This site uses profiling cookies and third parties cookies. If you continue to navigate or close this banner, you consent to the cookies being used in accordance with our policy. To learn more or modify your cookies preferences, please read our Cookie Policy.

Please wait...

10% Complete (success)