世界最小クラスのリファレンス・モニター・システム誰でも、どこでも、正確なサウンドを

リニアな周波数特性。色づけされていないサウンド。透明感のあるクリアな音質。余裕のあるヘッドルーム。どれもスタジオ・リファレンス・スピーカーに求められる、欠かせない要件です。なるほど、確かにそれなりのサイズと価格のスタジオ・モニターならこれらの要件を実現しています。しかしながら、狭いデスクトップでも容易に設置可能なサイズのスピーカーとなるとどうでしょう?容易に持ち運び可能なコンパクト・サイズのスピーカーでは?

そうしたニーズにお応えできるのが、世界最小クラスのアクティブ・スタジオ・リファレンス・モニター、iLoud Micro Monitorです。色づけの無い極めて正確な周波数レスポンスを実現したiLoud Micro Monitorは、狭いデスクトップの音楽制作環境からツアー中のホテルまで、さまざまな環境でスタジオ・クオリティのモニタリング環境を実現してくれます。

iloudmm_points_front
tr5

iLoud Micro Monitorは、極めてポータブルなエンクロージャーにも関わらず、クリアな音質で、50W RMS高出力を実現した世界最小のアクティブ・スタジオ・リファレンス・モニターです。ウーファー、トゥイーターそれぞれを独立したアンプで駆動するバイ・アンプ設計により、音楽制作、アレンジ、ミックス時にもお使いいただける、正確でリニアな周波数特性を実現しています。

iLoud Micro Monitorは、いつでも、どこへでも持ち運ぶことができる、頼れるモニター・システムと言えるでしょう。バッグにも容易に収まるiLoud Micro Monitorがあれば、自宅、スタジオ、ホテルと場所を問わず、いつでも、どこでも、クリアな音質の信頼できるスタジオ・リファレンス・モニター・システムをお使いいただけるのです。

tr5

設置面積を抑えながらもIK伝統のハイ・パワー

IKのBluetoothスピーカーのiLoudが発売された時、ポータブル・スピーカーの業界スタンダードが変わったと言っても過言ではでしょう。iLoud Micro Monitorは、この伝統を確かに受け継いだ進化形です。極めてコンパクトなそのエンクロージャーから予想もできないほどの、透明感のあるクリアなサウンドで、なおかつハイ・パワーの出力を誇ります。

iLoud Micro Monitorには、カスタム・メイドの複合素材によるしっかりとした材質の3インチ・ウーファー、3/4インチのシルク・ドーム・トゥイーターが搭載され、計4つの超高能率のクラスDアンプで駆動されています。合計50W RMSというクラスを超えた余裕のあるパワーと入念に設計された前面のバスレフ・ポートにより、どこまでも透明に澄み切った高音域、濁りのない鮮明な中音域から、55Hz (-3dB)までの驚くほど豊かな低音域まで、リニアな周波数特性であなたのサウンドを再生してくれるのです。

驚くほど透明で明瞭なサウンド

iLoud Micro Monitorで音楽を再生すると、まずはそのサウンドの明瞭さに驚かされることでしょう。その秘密は、内蔵された56-bit DSPによる位相、周波数特性のコントロールにあります。長年に渡るIK Multimediaのフィルター開発において培われた技術を基に、入念にデザインされたクロスオーバーの設定、ウーファー、トゥイーター、それぞれから発せられるサウンドが聴く人の耳に届くタイミングをコントロールするタイムアライメントの処理が、このDSPテクノロジーで実現されています。これまで小さなスペースでは不可能と考えられていた正確な位相、定位と、リニアな周波数特性を実現したのです。

ホワイト・カラーもあります

iLoud Micro Monitorはブラックに加えて、モダンなホワイトもご用意しています。自宅やスタジオにマッチするカラーで、より心地のよいモニタリング環境を。

iLoudMMwhite

Ideal for small studios

大抵のホーム・スタジオは、理想的なワーク・スペースからすれば小さく、ベッドサイドの壁に沿って置かれた机の上に、すべての機材が設置されている、などといった状況もしばしばです。大抵のモニター・スピーカーはこうした作業環境を意図して設計されたものではありません。そしてその結果、ブーミーで、ぼやけた不鮮明なサウンドになりがちです。

横幅9 cm、奥行き13.5 cmのiLoud Micro Monitorならば、こうした環境に設置しても作業スペースを犠牲にすることはありません。加えて、内蔵DSPをコントロール可能な3つのEQスイッチを備えており、設置される環境にあわせてサウンドを最適化することができます。デスクトップ設置時に机の上に置かれたさまざまな物による音の乱反射を補正するDESKTOPモードの他、低域、高域の補正を行う3つのEQスイッチが装備されています。

iLoud Micro Monitorの底面に装備されたスタンドにより、2段階の角度調節が可能です。耳の位置よりも低い場所に設置するときは、このスタンドを立てて、ウーファーとツィーターのサウンドがクロスオーバーする「スィート・スポット」を、あなたの耳の高さにあわせることができるのです。すなわち、ボーカルやギターなど、より鮮明な中音域を聴くことができるのです。

iloudmm_2_front
iloudmm_2_positions_lgr.jpg

マイク・スタンドにも設置可能

iLoud Micro Monitorは、マイク・スタンド取り付け用のネジ穴(UNC 3/8”-16)を装備しており、最適な位置、高さに設置可能です。標準的なマイク・スタンドがお使いいただけますから、高価な壁面マウント用のオプションなどをご購入いただく必要はありません。

高級機の機能をお手頃価格で実現

スモール・サイズのモニターを購入するとなると、これまでは、ステレオ・ペアで1万円台から2万円台の低価格のモニターか、ステレオ・ペアで少なくとも6、7万円はする高級機かの、2つの選択肢しかありませんでした。iLoud Micro Monitorは、価格を抑えながらも、正確でクリアな音像、フラットな周波数レスポンス、バイアンプ駆動、DSPにより制御されたクロスオーバーやEQ補正、スタンド、マイク・スタンド用ネジ穴など、高級機だけが提供してきた機能を備えているのです。小規模なスタジオでも、より正確でクリアなサウンドでのモニタリングが可能な、頼りになるリファレンス・モニター。しかもお手頃価格。それがiLoud Micro Monitorなのです。

ライン接続だけでなくBluetooth接続にも対応

iLoud Micro Monitorは、併せてお使いいただく機材を選びません。 iLoud Micro Monitorには、RCA、1/8インチ・ステレオ・ミニ端子を装備している他、Bluetooth接続にも対応しています。音楽制作、ビデオの編集などの作業時にはライン接続、日常のリスニング時にはワイヤレス接続と、さまざまなシーンでの使用目的に合わせてお使いいただけます。

iLoud MM

ノートPCの最良のパートナー

近年、ノートPCの大幅な処理能力の向上に伴い、自宅でも、スタジオでも、一貫してノートPCで音楽制作を行う方が増えています。

それぞれ180mm × 135mm × 90mm、ステレオ・ペアでも1.7kgと、機材用のバッグやバックパックなどにも容易に収納して持ち運びできるコンパクトな筐体のiLoud Micro MonitorとハイスペックのノートPCを持ち運ぶ。まるでフル装備のスタジオを持ち運んでいるかのようではありませんか?

バッグにいれて持ち出そう

iLoud Micro Monitorのロゴが縫い込まれた、耐久性に富むポリエステル100%のiLoud Micro Monitor Travel Bagが、持ち運びの時のさまざまな衝撃から、あなたのiLoud Micro Monitorを守ってくれます。長さが調節可能なストラップと、ケーブル類など小物の収納に便利なジッパー付きのポーチも備えています。

サイズ: 11.8" (30cm) x 7.8" (20cm) x 7.1" (18cm)

iLoud Micro Monitor Travel Bag をIKオンラインストアで購入する。

iloud_micro_monitor_bag

製品の主な特徴

プロ仕様のリファレンス・モニター

  • 反射音、スピーカー間のタイム・アラインメントを制御する先進の56-bit DSPと、極限まで共振を抑えたエンクロージャーにより、リニアな周波数特性を実現。
  • ヘッドルームに余裕のある4機の超高能率のクラスDパワー・アンプ(50W RMS)を搭載し、極めて高いレスポンスのトランジェントを実現。
  • カスタム・メイドの複合素材による3インチ・ウーファー、大口径バスレフ・ポートを装備し、55Hz(-3dB)までをもカバーする、クラス最高水準の低音域の周波数実現を実現。
  • 価格を抑えながらも、ハイエンド・システムにも匹敵するハイ・クォリティなウーファーとツィーターを搭載。

極めてコンパクト

  • リファレンス用モニターとしては最小クラスの設置面積。
  • 設置スペースに制限のある小規模スタジオのモニタリング・システムとして最適。
  • 部屋の反響音、定常波を避け、より耳に近い位置にスピーカーを設置可能。
  • それぞれ180mm × 135mm × 90mm、ステレオ・ペアでも1.7kgと、持ち運びも容易な、軽量でコンパクトな筐体。

自由度の高い設置と接続

  • 高域、低域を補正するEQスイッチ、卓上での音の乱反射を補正するDESKTOPスイッチなどを装備し、設置場所にあわせてサウンドの最適化が可能。
  • 標準的なマイク・スタンド取り付け用のネジ穴(UNC 3/8”-16)を装備し、自由度の高い設置を実現。
  • 音楽制作用の入力端子として、RCA入力端子、1/8インチ・ステレオ・ミニ入力端子を装備。
  • リスニング用途として、Bluetooth接続にも対応。

Super near-field

Most project and home studios are small — typically rooms under 42 cubic meter /1500 cubic feet — or about the size of a typical bedroom. When working in such small spaces, a small monitor system performs better and gives you a more accurate representation of your mixes than large ones because smaller systems don’t provide strong reverberating fields and prevent standing waves from building up in the room especially on the low end causing unnatural frequency response, and that’s very important. Smaller monitors, when designed correctly, provide the best sound for your small space.

Why? For starters, small nearfield monitors allow you to sit much closer to the sound source at lower sound pressure level (SPL), so they can be heard directly by the ears without the reflections produced by walls, ceilings or other items in the room — these reflections will inevitably color the sound in an unreliable and unrealistic way.

room_size
room_monitor_position

Also small monitors can be placed nearer to each other – ideally within an equilateral triangle, with the 2 monitors and the listener at each vertex - without compromising the stereo image, a typical situation when working using a computer or a laptop on a desk, and the exact situation you’ll encounter in large pro studios where listeners are placed directly in the “sweet spot.”

With the smallest footprint in the world for a reference monitor, iLoud Micro Monitors can be placed reliably in the smallest possible spaces without compromising a truly professional monitoring situation and ensuring you are hearing the truth of your music.

Here are 5 reasons why iLoud Micro Monitors are better than other monitors — including mid-size monitors — when it comes to producing music in your small studio:

1. Position EQ Switches

Small studios rely on small tables/desks typically attached to or positioned against the wall. In addition to the obvious issue of lack of space on small table for mid-sized monitors, a 5”/6” studio monitor in these conditions will sound extremely “boomy” and undefined. Add this to the midrange “dip” typically found on the budget monitors and the sonic picture will be totally compromised.
To get a barely listenable response from a 5 or 6” monitor when placed on a desk that is attached to the rear wall, the monitor needs to be moved away from the wall by at least 20-30 cm.
This plus the monitor depth itself will take up the entire working space on a regular desk.

iLoud Micro Monitors have a response that is calibrated to sound flat on a desk even when there is a very close wall behind. This is controlled with the EQ switches on the rear of the unit. You can set these switches according to where your monitors are placed. Also the total depth of iLoud Micro Monitor is only 13-14 cm giving you the space you need to put them away from the rear wall without taking up valuable table space.

eq_desk_draw

2. Woofer/Tweeter small distance

Medium sized monitors have at least 15-20cm (5.9–7.8”) distance between the centers of the woofer and tweeter. The typical short distance between the monitors and your ears in a small studio will not be in the “sweet spot” where the two drivers blend completely, presenting you with an incomplete audio picture. Therefore “decisions” you make on the sound program that is monitored are very difficult to make because the sound appears to be coming from two separated sources, the woofers and the tweeters, instead of one “convergence point” that provides a focused representation of your sound.

iLoud Micro Monitors have the centers of the two drivers at only 6 cm (2.3”) distance which puts their convergence point very close — starting at 50 cm (19.6”), a typical distance when placing the monitors beside a laptop. This provides a very focused and clear sound at shorter distances from the source making them the best option for small studio spaces. This short distance and ultra-accurate blending of sources immensely facilitates mix decisions and sound shaping.

iloudmm_crossover_point

3. Small, quality woofer sound better

In reality, you never need ultra high sound pressure levels in a small studio, and for this reason you don’t need a big woofer. iLoud Micro Monitor’s small 3” woofer can go down to 55Hz (-3dB) because of proper tuning of the enclosure and appropriate DSP management. But not all woofers sound the same. Different woofer materials affect the performance of the monitor and can color the sound depending on the material. Typical budget and mid-sized 5/6” monitors´ woofers are made of fiberglass or polypropylene that while cooler and more attractive to the eye, are heavier and therefore slow to move. As a result they tend to lack accurate transient response, and the midrange can appear “distant” and undefined.
This is not the ideal environment for proper and accurate mixing.

The iLoud Micro Monitor features a 3” high-rigidity custom composite material woofer which gives it a lighting-fast response that can represent transients and reproduce the midrange with an accuracy that is simply not possible for woofers typically used on budget monitors.

iloudmm_small_woofer

4. Proper crossover and driver alignment

Small budget monitors typically have passive crossovers, weak power amps and low quality drivers, plus resonant and compromised enclosures. Inaccurate crossovers can make the response at the crossover point dramatically skewed both in magnitude and phase. To minimize this problem most budget monitor manufacturers tend to design the crossover with some space in frequency response between the two drivers that can compromise the response on the midrange and create the “midrange dip” you always hear on budget "monitors”. Instead, professional monitors are very accurate with crossovers and a lot of care is always taken to perfectly match the drivers at the crossover points, both in magnitude and phase. The crossover point of a 2-way studio monitor falls exactly in the middle of the spectrum typically where vocals live, and a bad crossover actually makes it impossible to make good decisions when mixing.

iLoud Micro Monitor has an extremely sophisticated crossover design. The two drivers are digitally crossed over at about 3.5 kHz thanks to the exceptional mid-range performance of the woofer, and they are perfectly time-aligned by the DSP. This means that iLoud Micro Monitor sounds like a single, defined “point” in space, just as if it was a single unique sound source instead of two separated speakers. This makes mixing a lot easier because the sonic picture appears true to what it actually is immediately to your ear/brain.

iloudmm_crossover_alignment

5. Proper power amps

iLoud Micro Monitor is bi-amplified with power amps that are used at 50-60% of the power they could deliver. This means they are always working in full linear range with really negligible distortion up to the physical drivers limit.

Budget and small monitors are typically not bi-amped, meaning that there is only one power amp that powers all components. The crossover is passive and the power amp is normally a low-wattage class A-B integrated design, that delivers limited current, has a limited transient response and tends to distort quite easily because they are always used at 100% of what they can do.
A bi-amped system connects the drivers directly to the power amps delivering an exceptionally tight and damped dynamic response in comparison with budget and comparable small size monitors.

iloudmm_amps_curve

*Legal detail | Warranty

x
This site uses profiling cookies and third parties cookies (read more). If you continue to navigate or close this banner, you consent to the cookies being used in accordance with our policy. To learn more or modify your cookies preferences, please read our Cookie Policy.

Please wait...

10% Complete (success)