ラウンドネス感とダイナミクスを両立させた明瞭なマスター制作のためのピーク・リミッター

T-RackS Stealth Limiterは、サウンドの豊かなダイナミクスや細やかなニュアンスを損なわずに、アナログ変換時にクリップ・ノイズを引き起こす可能性のあるインターサンプル・ピークを抑え、ラウドネス感を維持しつつも、明瞭なマスターを仕上げることを可能にした、新しいタイプのマスタリング・ピーク・リミッターです。

Stealth Limiter

ラウドネス競争

過去数十年間に渡って、ボリューム・レベルは可能な限り引き上げられ、ラウドネス感を競い合うことが今日の音楽制作におけるある種の標準となってきました。ラウドネス感を引き上げるためにコンプレッサーやリミッターを過度に使った結果、音が歪んだり、平板になったりと、音楽表現が損なわれてしまう傾向にありました。T-RackS Stealth Limiterは、こうした問題に応えるために開発されました。

T-RackS Custom Shop Stealth Limiter

「ステルス(透明)」な処理

T-RackS Stealth Limiterは、スマートなレベル・トラッキング・アルゴリズムにより、ルックアヘッド・タイプのファースト・アタック・エンベロープ・リミッターのような音のつぶれ、過度な圧縮感を避けながら、瞬間瞬間のレベルを設定したシーリング値に抑えることを実現しました。その結果、透明感のある、豊かなダイナミクス表現を維持した、明瞭なマスターを仕上げることが可能になります。

tr5

新しいアプローチ

通常のデジタル・リミッターやクリッパーを用いて、データ上ではピークを0.0dB以下に抑えても、実際にアナログ音声として再生してみると、スパイク・ノイズが発生してしまうことがよくあります。 これは、デジタルからアナログ音声に変換する際に、デジタル・データとしては0.0dB以下のサンプルとサンプルの間にデータが補間され、クリップ、歪みの要因となる、0.0dBを越えたピークが発生してしまう可能性があるからです。

T-RackS Stealth Limiterでは、再生機器のサンプル間のデータ補間を予測して抑える先進のインターサンプル・ピーク・リミット・アルゴリズムにより、アナログ変換時に生じるクリップを抑えることができます。T-RackS Stealth LimiterでISPL(インターサンプル・ピーク・リミッター機能)をOnにすることで、DAWでモニターしている時はクリップしていなかったのにCD、AAC、MP3プレイヤーでの再生時にクリップしてしまう、といった問題から開放されるのです。

tr5

使いやすい直観的なユーザー・インターフェース

T-RackS Stealth Limiterのユーザー・インターフェースは、直観的に操作できるようにデザインされています。INPUTで入力時のブースト量を決め、OUTPUT CELLINGでピークの最大値を設定するだけで、求めるラウドネスで、シーリング値を越えることのないマスターを仕上げることができます。もちろん、サウンドの色彩感の異なる、アドバンスド・モードのオプションも用意されています。

4種類の動作モードを装備

T-RackS Stealth Limiterでは、求めるサウンドの色彩感、マスタリングの目的によって設定可能な4種類の動作モードのオプションが用意されています。

TIGHT
基本モードであるTIGHTモードでは、素材が持つ色彩感やダイナミス表現を損なうことなく、透明なピーク・リミットを行うことができます。リミッターの設定が強度に設定されていたとしても、「圧縮」されたようなサウンドにはなりません。

BALANCED
BALANCEDモードでは、TIGHTモードと比べれば、ダイナミクスを若干圧縮しながら、あくまでもナチュラルな響きとして許容される範囲内でピーク・リミットを行います。通常はTIGHTモードとの違いはほとんど聴き取ることはできないでしょう。しかし、音量が大きくなるにつれ、その違いを聴き取ることができるようになるでしょう。

HARMONICS 1
HARMONICS 1は、倍音構成に微妙な変化を与えることで、サウンドに色彩感を加え、デジタル臭さを抑えて心地よいアナログ風のサウンドを求める時に最適なモードです。

HARMONICS 2
HARMONICS 2では、HARMONICS 1同様に、サウンドのキャラクターに微妙な変化が加わります。勢いやパンチが物足りない素材にアナログ機器のようなブーストを施すことができます。

T-RackS Stealth Limiterでは、Unity Gain MonitorをOnにしてBypassボタンを切り替えると、処理前、処理後のサウンドを、同じ音量で比較試聴することができます。モードの違いによるサウンドの変化を耳で確認することができます。

可聴下周波数帯域の重低音をカットするInfrasonic filterをOnにすることで、22Hz 4次ハイパス・フィルターにより不要なリミッター動作を回避させ、コンピュータのCPUに与える負荷を軽減することもできます。

こうしたアドバンスド・モードの機能を組み合わせることで、T-RackS Stealth Limiterの秘めたる可能性を最大限に引き出すことができるのです。マスタリングにおいて、まさしくステルスな秘密兵器となってくれることでしょう。

違いを聴き比べてみてください

T-RackS Stealth Limiterの秘めたるパワーを実感していただくために、ポップ、EDMそしてクロスオーバー・ロックの 3種類のデモ・トラックを用意しました。そして、比較していただくために、価格が$350、$300、$249、$169の競合製品で同様の処理を行ったトラックも併せて用意しました。ポップでは+8dB、EDMでは+11.5dB、クロスオーバー・ロックでは+6dBの設定にしてあります。

Pop track: +8dB

Unprocessed

Stealth Limiter

350 USD Competitor

300 USD Competitor

249 USD Competitor

169 USD Competitor

EDM track: +11.5dB

Unprocessed

Stealth Limiter

350 USD Competitor

300 USD Competitor

249 USD Competitor

169 USD Competitor

Crossover Rock track: +6dB

Unprocessed

Stealth Limiter

350 USD Competitor

300 USD Competitor

249 USD Competitor

169 USD Competitor

どのデモ・トラックをお聴きいただいても、T-RackS Stealth Limiterを使用したトラックは、ダイナミクス表現が維持されているのがおわかりいただけるでしょう。特にポップ・トラックでその違いは顕著です。ヴァースからコーラスへと移りゆく際のダイナミクスが見事に表現されています。クロスオーバー・ロックでは、T-RackS Stealth Limiterを使用したトラックではドラムのアタック感とそのニュアンスが維持されているのがお分かりいただけるでしょう。他のリミッターではドラムのアタックのニュアンスの違いが損なわれてしまっています。EDMでは、T-RackS Stealth Limiterを使用したトラックでは、よりパンチの効いたインパクトのあるサウンドに仕上がっています。 どの例をとっても、T-RackS Stealth Limiterが、他の競合製品と比べて、豊かなダイナミクス表現とサウンドの持つ微妙なニュアンスを維持しつつ、ラウンドネスを実現し、かつ明瞭なマスター制作を可能してくれる製品であることがおわかりいただけるでしょう。

From the same family

Dyna-Mu

Dyna-Mu

Vintage Tube Compressor/Limiter Model 670

Vintage Tube Compressor/Limiter Model 670

Bus Compressor

Bus Compressor

Opto Compressor

Opto Compressor

Precision Comp/Limiter

Precision Comp/Limiter

仕様

  • 明瞭なマスター制作を可能にするマスタリング・ピーク・リミッター。
  • インターサンプル・ピークを抑える先進のアルゴリズム。
  • デジタルならではのクリアなピーク・リミットからアナログならではのブースト感を実現する4種類の動作モード。
  • 直観的に操作可能なユーザー・インターフェース。
  • 処理前/後のサウンドを、同じ音量で比較試聴可能なUnity Gain Monitor機能。
  • 可聴下周波数帯域の重低音をカットするInfrasonic filter機能。

この製品が含まれるバンドル

The Custom Shop

このオーディオ・プロセッサー・モジュールは、ミキシング/マスタリング・プラグインのコレクションT-RackS CS “「カスタム・ショップ」の一部です。T-RackS CSでは:

  • リリースされているすべてのモジュールが一度にインストールできます。
  • モジュールの試用や購入のために、個々のモジュールから、オンラインのCustom Shopに直接アクセスできます。
  • 14日間に渡ってプロセッサーを徹底的に試用できます。
  • Gear Credit(Custom Shop)、クレジット・カードやPayPal(Custom ShopおよびIKオンラインストア)で、モジュールをご購入できます。


T-RackS Custom Shopの製品ページ

*Legal detail

SPECIAL OFFERS4 THIS MONTH
x

We use cookies and other tracking technologies to improve your browsing experience on our site, show personalized content and targeted ads, analyze site traffic, and understand where our audience is coming from. To find out more or to opt-out, please read our Cookie Policy. To learn more, please read our Privacy Policy.

Click below to consent to our use of cookies and other tracking technologies, make granular choices or deny your consent.

 


Loading...