マルチバンド・ダイナミクス・プロセッサー

マルチバンド・プロセッシングとは、オーディオ・データの周波数スペクトルを複数の帯域に分割し、帯域ごとに独立した処理を行うという、高度かつパワフルなオーディオ・データ処理のテクニックです。このマルチバンド処理においては、帯域と帯域のクロスオーバー付近が不自然なサウンドにならないように処理を行うためには、帯域と帯域を分割するためのフィルターの特性がとても重要となってきます。

Quad Comp

Quad Compは、その名が示す通り、それぞれが処理する周波数帯域を自由に設定可能な、​​4つのOptoタイプ・コンプレッサーを内蔵したマルチバンド・プロセッサーです。

T-RackS Custom Shop Quad Series Processors

tr5

4つのコンプレッサーには、それぞれの帯域ごとに最良の処理を行うための、フル・スペックのコンプレッション機能が装備されています。

柔軟性に優れたこのプロセッサーでは、周波数帯域を分割するためのカットオフ・フィルターのスロープが設定可能です。クロスオーバーをより広く設定したい時には、6dB / Oct、または帯域ごとにより独立して処理を行う場合には、24dB / Octのスロープが設定可能です。

フィルターのカットオフを急なスロープに設定したとしても、処理の結果として、常に自然でかつ音楽的なサウンドが得られます。この高品位なフィルターのおかげで、帯域ごとに独立したコンプレッション処理を行ったとしても、位相の問題を最小限に抑えることができるのです。

各帯域のコンプレションは、設定された帯域のピークがThresholdパラメータの設定値を越えた時に処理されます。4つの帯域ごとに、コンプレションのRatioとAttackやReleaseといった時定数のパラメータを設定できますから、自由度の高い処理を正確に行うことができます。Soloボタンをクリックすると、選択された帯域だけを取り出して、その処理結果を試聴することもできるのです。

このプロセッサーに装備されているコンプレッサーはOptoタイプですから、自然で滑らかなサウンドが得られます。ThresholdとRatioパラメータを極端に設定することで、よりアグレッシヴな効果を得ることもできます。

このプロセッサーは、幅広い用途にお使いいただけます。ゲイン・リダクションと周波数領域のコントロールを組み合わせて処理することで、各帯域のゲイン・リダクションが、スレッショルドを超えるかどうかによって処理されるため、いってみれば「ダイナミックEQ」のように機能するのです。

このプロセッサーのもっとも一般的な使用方法は、ミックスのステレオ・マスター・バスにインサートし、特定の周波数帯域付近で生じる問題を取り除くことでしょう。もちろん、時間軸とともに周波数成分が大きく変化するボーカルやベースのトラックでも、便利にお使いいただけます。

処理前

処理後

Quad Comp

From the same family

Quad Comp

Quad Comp

Quad Lim

Quad Lim

Quad Image

Quad Image

De-esser

De-esser

The Custom Shop

このオーディオ・プロセッサー・モジュールは、ミキシング/マスタリング・プラグインのコレクションT-RackS CS “「カスタム・ショップ」の一部です。T-Rack CSでは:

  • リリースされているすべてのモジュールが一度にインストールできます。
  • モジュールの試用や購入のために、個々のモジュールから、オンラインのCustom Shopに直接アクセスできます。
  • 14日間に渡ってプロセッサーを徹底的に試用できます。
  • Gear Credit(Custom Shop)、クレジット・カードやPayPal(Custom ShopおよびIKオンラインストア)で、モジュールをご購入できます。


T-RackS Custom Shopの製品ページ

*Legal detail

x

弊社Webサイトは閲覧性の向上や各個人に最適な情報の表示、アクセスの分析やアクセス元の判別、最適な広告を表示するするために、cookieやその他トラッキング技術を使用しています。 より詳しくは、Cookie PolicyPrivacy Policyをご覧ください。

Cookieやその他トラッキング技術を使用することにご同意いただける場合、同意するをクリックしてください。

 

同意する

Please wait...

10% Complete (success)