実機そのままのLeslie®サウンドを

T-RackS Leslieは、ハモンドUSA、鈴木楽器製作所の研究開発部門と共同開発されました。伝説的とも言えるLeslie®のアンプとキャビネットのサウンドは、今やミックス & マスタリングスイート T-RackS 5上で再現できます。T-RackS Leslieは、5種類のアンプ、6種類のキャビネットで構成されています。

Play

0:00
0:00
trleslie_mac

本物のLeslie®サウンドを作り上げるため、アンプの挙動の再現には、IK Multimediaの革新的な技術であるDynamic Interaction Modeling™(ダイナミック- インタラクション- モデリング)が使用されています。Dynamic Interaction Modeling™とは、電子回路内の構成要素の非常に小さな動作も再現可能な技術で、他のアンプ・シミュレーターでは再現できないダイナミクスも、しっかりと表現することができます。

leslie_122_DSC_0003_sc

また、キャビネットの鳴りの再現には、新技術のVolumetric Response Modeling™(ボリューメトリック- レスポンス- モデリング)が投入されました。Volumetric Response Modeling™はロータリー・スピーカー・キャビネットの動作とサウンドを妥協なく忠実に再現するための新技術で、最新のモデリング技術とインパルス・レスポンス・レコーディング技術から成り立つ新しい手法です。物理的にスピーカーを回転させることによって得られる特徴的なサウンドは、デジタルでの再現が極めて困難とされてきましたが、新技術の開発により、オリジナルと同等のクオリティで再現することに成功しました。

最新のモデリング技術で正確に再現されたT-RackS Leslieサウンドは、単に発音アルゴリズムを使用したエミュレーターとは比較にならない、本物のLeslie®サウンドを提供します。

アイデア次第で未知のサウンドも

T-RackS Leslieは、オルガンやキーボードだけのものではありません。アイデア次第で想像もできないサウンドを生み出すことができます。ギター、Syntronikのシンセ・サウンド、リード・ボーカル、パーカッションなど、さまざまな音色に試してみましょう。例えば、T-RackS上のエフェクト・チェインに、T-RackS Leslieを並列で挿入、というような大胆な使い方で思いもよらないサウンドが得られるかも知れません。

収録キャビネット

leslie_122Cab

Leslie 122

Leslie 122

Leslie®サウンドの原型ともいうべきモデル。

ジャズ、ロック、ブルース、ポップなどのジャンルに最適です。Leslie®の代表とも言えるキャビネットです。

モデリングには70年代初頭のビンテージ・ユニットが使用されています。122Aと比較して、やや暖かみのあるサウンドです。

Leslie 122A

Leslie 122A は、122をより現代風にしたモデルです。バランス入力を備え、低域のレスポンスに優れた中型キャビネットです。

122と比較して、やや明るく抜けの良いサウンドです。

122aCab

Leslie 122A

147Cab

Leslie 147

Leslie 147

Leslie 147は、122と比較してコネクターの種類の違い、アンバランス入力、パワーアンプの回路が異なるという点はありますが、音色の傾向はよく似ています。モデリングには60年代半ばのビンテージ・ユニットを使用し、ホーンのリフレクターを外すことで、122とは異なる音色変化が得られるように調整されています。

Leslie 3300w

Leslie 3300wは、シリーズ中最もパワーのあるモデルです。プリアンプには真空管、パワーアンプはソリッドステートのハイブリット仕様で、出力は300Wに達します。

ロック、ポップ、ジャズ、ブルースなどのジャンルに最適です。

3300Cab

Leslie 3300w

LG37Cab

Leslie G37

Studio12Cab™

Leslie Studio 12

Leslie G37 / Studio 12

Leslie G37は、ギタリストからの評価が高いモデルです。.

真空管プリアンプとソリッドステート・パワーアンプで構成されるアンプ部では、美しいクリーン・トーンから強く歪んだサウンドまで表現できます。キャビネット部にV30 12”スピーカーを搭載したコンパクトなデュアル・ローター・キャビネットです。.

Leslie Studio 12は、キーボーディストが、手軽に持ち運びできるように設計されたモデルです。アンプ部は真空管プリアンプとソリッドステート・パワーアンプで構成され、キャビネット部には、オルガンの豊かな低域を再現可能な12” Eminence ベース・スピーカーを搭載しています。

ユーザー・インターフェース

T-RackS Leslieのユーザー・インターフェースは、3つのパートで構成されています。

一番左のパートでは、アンプとキャビネットの動作を設定できます。ここではさらに上部のボタンを使用して、“SETUP”、“AMP”、“EQ”のページを切り替えることができます。

このパートの下部にある“SLOW/FAST”の切り替えレバーでは、ロータリー・スピーカーの回転速度の切り替えや停止の操作が行えます(このレバーは常に表示されます)。

147_amp

”SETUP”ページでは、マイクの距離やドラムとホーンの回転速度、“SLOW”から”FAST”に到達するまでの時間やその逆の時間を設定できます。アンプの前段で、よりビンテージ・テイストを加えるためのスプリング・リバーブも搭載しています。

“AMP”ページでは、各アンプのパラメーターをコントロールできます。ゲイン、ボリューム、ハイパス・フィルター、真空管プリアンプの暖かみを加える“Contour”、歪みの深さを調節する“Tube Drive”、歪みのキャラクターを変化させる“Tube Mode”等を設定できます。

“EQ”ページでは、フル・パラメトリックEQを使用して、さらに音色を作り込んでいくことが可能です。

setup
amp
eq

中央のパートでは、アンプとキャビネットのモデルと、回転の効果やドップラー効果に変化を与えるマイクの角度を選びます。角度は最も一般的で回転の知覚が非対称なサウンドとなる90°と、有名なレコーディングでも多数用いられ、回転の知覚がより対称的な180°から選択できます。

一番右のパートでは、ミキサーを使用して音量やパンを調節できます。スピーカーの集音に使用した4本のマイクのレベルとパンをそれぞれ独立して調節できるため、より理想的なサウンドを作ることが可能です。例えば、ドラムのマイクを1本だけ使用してパンをセンターに設定し、ホーンのマイクはステレオに設定することで、低域はシャープでありながら広がりのあるサウンドを得ることができます。また、上下各1本ずつマイクを使用しパンを若干左右に振ることで、70年代テイストのサウンドを簡単に作ることもできます。

models
mixer_view

製品の主な特徴

  • Leslie®アンプ&キャビネットをデジタルで完全再現。Hammond USAと鈴木楽器製作所公認。
  • 5種類のアンプ・モデル (ビンテージ真空管を使用したLeslie Type 147及び122、新しい真空管を使用したLeslie 122A、真空管とソリッドステートのハイブリッドであるLeslie 3300w及びLeslie G-37/Studio 12)。
  • 6種類のロータリー・スピーカー・キャビネット・モデル(Leslie Type 147、122、122A、Leslie 3300w、Leslie G-37、Leslie Studio 12)。
  • Dynamic Interaction Modeling™により、オリジナルの電子回路や個々のコンポーネントの動作と相互作用をモデリング。
  • Volumetric Response Modeling™によりロータリー・スピーカーの動作をモデリング。
  • 最新技術の組み合わせにより実機のサウンドとダイナミクスを忠実に再現。
  • マイクの角度(90° /180°)と位置を設定し精巧なスタジオ・サウンドを構築可能。
  • 異なるアンプ / キャビネットの組み合わせも可能。
  • 電子回路と真空管の歪みを忠実に再現。
  • 全てのキャビネットのホーンとドラムのサウンドをステレオで出力可能。
  • トータル・サウンドを整えるフル・パラメトリックEQを搭載。
  • 直観的なサウンド・メイクが可能なユーザー・インターフェース。
  • 多彩なサウンドを実現するマイキング・ミキサー・セクション。
  • 動作をアニメーションで視覚的に表示。
  • ジャズ、ロック、ポップス等、幅広いジャンルで使用可能。
  • T-RackSファミリーとして、他のプロセッサーと組み合わせて使用可能。
  • AmpliTube for Mac/PC版もラインナップ。
  • AmpliTube版とT-RackS版をバンドルしたLeslie Collectionもご用意。
box

*Legal detail | Warranty

Please wait...

10% Complete (success)