Product Spotlight

Syntronik for iPhone/iPadLegendary Synth Powerhouse for iPhone and iPad

MODO BASS究極のフィジカル・モデリング・エレクトリック・ベース音源

iRig Keys I/O 25オーディオ・インターフェースも内蔵した、Mac/PC対応25鍵フル・サイズ・キーボード・コントローラー

iRig Keys I/O 49オーディオ・インターフェースも内蔵した、Mac/PC対応49鍵フル・サイズ・キーボード・コントローラー

iRig Mic HD 2ハンドヘルド・デジタル・コンデンサー・マイクロフォン for iPhone, iPad and Mac/PC

Syntronik数々のヴィンテージ・シンセ名機のサウンドを収録したヴァーチャル音源

T-RackS 59種類のオーディオ・プロセッサーを含むミキシング&マスタリング・スイート

T-RackS 5 Deluxe22種類のオーディオ・プロセッサーを含むミキシング&マスタリング・スイート

T-RackS 5 MAX38種類のオーディオ・プロセッサーを含むミキシング&マスタリング・スイート

T-RackS Custom Shopワールドクラスのミキシング/マスタリング・プラグインをオンデマンドで

ONEAll-in one Mastering Processor

Dyna-MuVari-mu Tube Compressor

EQualPrecision EQ processor with analog curves

Master MatchAutomatic matching mastering processor

Full MeteringFull Metering Section for T-RackS 5

iRig Pre HDクラスAプリアンプ搭載の24bit/96kHzマイクロフォン・インターフェース for iOS, Mac and PC

iKlip GO携帯に便利なBluetoothシャッター付きセルフィー・スティック

Ampeg SVX 2Ampeg Heritage / Classicシリーズから6機種のギア・モデルを収録

ARC System 2.5音場補正システム・ソフトウェア

iRig Pro I/OiPhone、iPad、Mac/PC対応プロ仕様ユニバーサル・オーディオ&MIDIインターフェース

Fender Collection 2 for iPadFenderのヴィンテージ・サウンドをiPadで

Fulltone CollectionFulltone®公認AmpliTube対応エフェクト・コレクション

iRig Recorder 3 for Androidビデオ撮影機能も備えたプロ品質のAndroid対応録音 / 編集アプリ

iRig Recorderビデオ撮影機能も備えた、プロ品質のiPhone/iPad対応録音 / 編集アプリ

iRig Acoustic Stage先進のアコースティック・ギター専用デジタル・マイクロフォン・システム

Fender Collection 2'57 Customシリーズ、'53 Bassman、そして'65 Super Reverbなど、古典的なFender®アンプを収録したAmpliTubeギア・コレクション

iLoud Micro Monitorコンパクトかつ高音質なリファレンス・モニター
SHARE

無償版でも25音色をフル機能でプレイ可能。発売記念特価のアプリ内課金で1,200音色まで拡張。

20 September 2017

シンセサイザー音源SyntronikのiPad版App Store®にてリリースされました。無償版でも25音色をフル機能でプレイ可能な他、発売記念特価のアプリ内課金で1,200音色まで拡張することができます。

Syntronikは、シンセサイザー名機38機種のサンプル、アナログ・フィルター・モデル、新しいエンジンの組み合わせによるハイブリッド・シンセシス・バーチャル・インストゥルメントです。画面上の鍵盤、内蔵アルペジエイター、iRig KeysなどiPad対応のキーボードで演奏がお楽しみただける他、GarageBandなどInter-App AudioAudiobus対応アプリの音源としてもお使いいただけます。

サンプル + 独自エンジンによるハイブリッド・シンセシス。
Syntronikにはシンセサイザー、ストリング・マシン名機38機種のサウンドがすぐに演奏できるようにセットアップされています。最高のコンディションのヴィンテージ機器から収録したサンプルをコア音源としながら、各機種に最適化された17種類のインターフェース、アナログ・オシレータのゆらぎを再現するDrift™技術、アナログ回路のモデリング技術に定評のあるIK Multimediaならではのアナログ・フィルター・モデルにより、シンセサイザーを操作する喜びが体験できるように設計されています。さらに4パートのレイヤー、アルペジエータ機能と、5つまで同時使用可能なエフェクターを組み合わせれば、複雑なテクスチャー、リズム・パターンの生成からサウンド・デザインまで、Syntronikだけでお楽しみいただけます。

古今東西のシンセサイザー名機、38機種を収録。
Syntronikには、クラシックなシンセサイザー、ストリング・マシン38機種のサウンドが、17種類のインストゥルメントに分かれて収録されています。

  • 99: Yamaha SY99を参照
  • Blau: PPG Wave 2.3を参照
  • Bully: Moog Taurus I、II、3を参照
  • DCO-X: Roland JX-3P、JX-8P、JX-10を参照
  • Galaxy: Alesis Andromedaを参照
  • Harpy 260: ARP 2600を参照
  • J-8: Roland Jupiter 4、6、8を参照
  • J-60: Juno 60を参照(アナログ・コーラス付)
  • Minimod: Minimoog、Modular、Voyagerを参照
  • Noir: Moog Prodigy、Micromoog、Multimoogを参照
  • OXa: Oberheim OB-X、OB-Xaを参照
  • Polymorph: Polymoog、Opus 3、Rogue、Concertmate MG-1を参照
  • Pro-V: Prophet-5、Prophet-10を参照
  • SAM: Oberheim SEMを参照
  • String Box: ARP、Elka、Hohner、Rolandストリング・マシンを参照
  • T-03: Roland TB-303を参照
  • V-80: Yamaha CS-80、GX-1、CS-01を参照

オシレータのふるまいまで再現した、DRIFT™テクノロジー。
膨大な種類のオシレータ・サンプルをコア音源としながら、さらにシンセサイザーを演奏、操作する喜びを提供できるよう、Syntronikではハイブリッド・シンセシス・アーキテクチャが導入されました。サンプル音源はいつでも同じアタックで再生され平板な音になりがちですが、アナログ機器には常に不安定な要素が存在します。新しく開発されたIK Multimedia独自の「DRIFT」はそんな問題意識から開発されたテクノロジーで、発音される度にフェイズ、音色、ピッチなどが揺れるアナログ・オシレータのふるまいを再現します。単純なデチューン、マルチ・ソース・モジュレーションではなく、アナログ回路のふるまいを再現する技術により、有機的で、生き生きとしたアナログ・フィールにあふれたオシレータ部が生まれました。

アナログ回路モデリング技術による、フィルター部。
真空管アンプ、コンプレッサー、アナログ・コンソールなどアナログ回路のモデリングでは定評のあるIK Multimediaらしく、フィルターにはMinimoog、Modular Moogで有名なMoogトランジスター・ラダー型フィルター、Jupiter-8、Juno-60で使われているRoland IR3109チップ・フィルター、Prophet-5、Oberheim OB-Xaで有名なCurtis CEM3320チップ・フィルター、Oberheim SEMステイト・バリアブル・フィルターと、4つのアナログ・フィルター・モデルが装備されています。Syntronikには各機種に最適化された17種類のインターフェースが用意されていますが、そのどれでもフィルター・モデルを変更可能なので、「OberheimのオシレータをMoogのフィルターにパッチする」といった実機では困難な組み合わせもお楽しみいただけます。あわせてフォルマント・フィルター、フェイズ・フィルターといったデジタル・フィルター・モデルも用意されています。

4パートのレイヤーとダイナミック・アルペジエータ。
Syntronikは、4パートのマルチ音源です。各パートの音域、ヴェロシティ・レンジは簡単に指定可能なので、レイヤー、スプリットも自由自在です。各パートには16ステップのノート & コード・アルペジエータが実装されています。各アルペジエータの音域、テンポ(ホストに同期、独立)、スウィング、各ステップのヴェロシティなども簡単に指定できるので、4パートを組み合わせれば複雑なリズミックなテクスチャー、シーケンス・パターンもリアルタイムにプレイ可能になります。アルペジオのプリセットは129種類も用意されているので、ラッチをOnにして鍵盤を弾くだけで、様々なパターンがすぐにお楽しみいただけます。

縦型モジュール・スタイルのエフェクトも5種類同時使用可能。
Syntronikには、新しいEnsemble Chorus、Channel Stripを含め、ミックス/マスタリング・プラグインT-RackS、ギター/ベース・エフェクト・アンプ・プラグインAmpliTube譲りのエフェクター・モデルが37種類用意されています。インターフェースにはランチボックス・スタイルの縦型モジュールが採用され、5つまで同時使用可能なスロットが実装されています。シンセサイザーのオシレータ、フィルターからエフェクターまで、モジュラーをパッチするように、サウンド・デザインをお楽しみいただけます。

25音色の無償版から音色を拡張するアプリ内課金
Syntronik for iPadは、App Storeにて無償で配信されています。そのままでも17種の各インストゥルメントに対して1つ以上、合計25種類の音色が収録され、フィルターなどシンセサイザー操作、レイヤー、アルペジオ、エフェクトなどすべての機能をお楽しみいただけます。アプリ内課金ストアでは、99、Blauなど各機種パックの他、1,200種類の音色、200種類のマルチ(4パート・レイヤーの組み合わせ)のすべてが使えるようになるSyntoronik Fullが用意されています。

価格と入手方法
Syntronik for iPadは、App Storeにて無償でダウンロードしていただけます。

アプリ内課金

  • Syntronik Full9,800円 > 発売記念特価4,800円(2017年10月末まで**)
  • Individual Synth:各1,200円

** App Store価格の日付変更時は日本時間とは異なります。10月30~31日注文時は表示が4,800円になっていることをご確認下さい。